バスキン・ロビンス

バスキン・ロビンス

バスキン・ロビンスとは

バスキン・ロビンスは、アメリカ合衆国で創業した、世界最大級のアイスクリーム・パーラー・チェーンです。日本ではサーティワンアイスクリームとして知られています。世界40ヵ国に5800以上の店舗を展開しています。サーティワンは英語の「31」を現しており、「31種類のアイスクリームがあるため、1ヶ月毎日違うアイスが楽しめます」という意味が込められています。但し、実際には32種類のアイスクリームが置かれている店舗が多く、これは冷蔵庫が四角いので偶数(4×8)の方が経済的であるという理由からで、トリビアの泉でも紹介されました。実際には1000以上の種類があるのですが、世界のどのバスキン・ロビンスの店でも大抵は32種類から選べます。上記の「サーティワン」の言葉と、味見が無料で出来るピンクのスプーン「テイストスプーン」のサービスは、1953年のバスキン・ロビンス発足当時からのもので、アイコン的なものとなっています。2010年には、客層が革新的な味を求めているという理由でフレンチバニラといった古典的な5種類の味を廃止することを発表しましたが、根強いファンや客層がFacebookなどを通じて猛烈に反対しました。米軍基地の敷地内にある店舗では、日本では通常販売されない種類があるほか、ソフトクリームを販売している店舗もあります。また、発売しているフレーバーのうち、「ロッキーロード」は商標登録されています。

歴史

創業者はバート・バスキンとアーヴィン・ロビンスの二人です。バートンはアーヴィンの姉シャーリーの夫でした。2人ともアイスクリームが好きで、店を持つことを夢見ていました。アーヴィンの父はワシントン州タコマでアイスクリームショップを経営しており、アーヴィンは店を手伝うのが好きだったそうです。第二次世界大戦中、アーヴィンは1942年から1945年にかけて陸軍に入隊、バートンは海軍に志願し、そこでアイスクリームを作っては同僚に配っていました。戦後2人はアーヴィンの父親の勧めで別々に店を開くことにしました。まず1945年にアーヴィンがカリフォルニア州グレンデールに「Snowbird(スノウバード)」を開業しました。そして翌年には、退役したバートンが同州パサデナに「Burton's(バートンズ)」を開業しました。その後両者はカリフォルニア南部で勢力を伸ばし、1953年に合体して「Baskin-Robbins(バスキン・ロビンス)」となりました。1960年代中盤には全米400店舗を達成。1967年にバスキンとロビンスはバスキン・ロビンスをユナイテッド・フルーツに推定1200万ドルで売却。1970年代からは順次海外出店が始まりました。現在はすべての店舗がフランチャイズとなっています。創業者(バスキンは1967年、ロビンズは2008年に死去)の手を離れ、様々な親会社の下を転々としましが、1973年にイギリスの食品J.ライオンズ(合併を繰り返してのちアライド・ドメック)が買収しました。2005年に、アライド・ドメックをフランスの酒業メーカー「ペルノ・リカール」が買収した際、バスキン・ロビンスとダンキンドーナツを傘下に持つ持株会社「ダンキン・ブランズ・グループ」の売却が発表されました。ダンキン・ブランズ・グループは、2006年から投資ファンドのベインキャピタル、カーライル・グループ及びトーマス・H・リー・パートナーズによる共同所有となっています。

日本でのバスキン・ロビンス

日本では、バスキン・ロビンスと不二家の合併会社「B-R サーティワン アイスクリーム株式会社」がチェーン店を展開しています。高速道路のサービスエリアにあるような小規模な店舗では31種類以下の品ぞろえであることもあります。また、一部の店舗ではクレープを取り扱っているところもあります。元々、登記上の商号の「B-R」の部分は「ビー・アール」でしたが、2007年に表記を現在のものに改めました。不二家と消費者のイメージ的につながっていないため、不二家の期限切れ原材料使用問題による影響は比較的小さく済みました。店舗などの看板では旧来は「31 Baskin-Robbins サーティワン アイスクリーム」と言うものでしたが、最近では「baskin BR robbins サーティワン アイスクリーム」と言う表記をするところが増えてきています。このロゴの英字部分は青ですが「BR」の一部は赤くなっており、その部分で「31」と読ませるようになっています。日本では「サーティワン」の呼称が一般的ですが、本国アメリカでは「バスキン・ロビンス」と呼ばれているためアメリカ人に「サーティワン」と言っても殆ど通じません。逆に日本では「バスキン・ロビンス」と言っても通じない場合が多いです。「サーティワン」の呼称は世界でも日本と台湾のみだそうです。なお台湾へは、日本のBRが米国本社との契約によって台湾の民間企業とフランチャイズ契約を結んだことで出店されたという経緯があります。

沿革

1973年12月
不二家が子会社としてビー・アールジャパン株式会社を設立。
1974年1月
第三者割当増資により、アメリカのバスキン・ロビンスの出資を受けて、合弁会社となる。
1974年4月
東京目黒に直営第1号店及びトレーニングセンターを開設。東京都港区ナショナル麻布スーパーマーケット内にフランチャイズ1号店(現在の麻布店)開店。現存する店舗としては麻布店が最も古い。
1985年7月
B-R サーティワン アイスクリーム株式会社に商号変更
1987年12月
日本証券業協会東京地区協会に登録し、株式を店頭公開。
1996年6月
クレープを商品として正式に導入。
2003年12月
店舗数500店を達成。
2004年12月
株式の店頭公開を取り消し、ジャスダックに上場。
2005年11月
台北市に台湾1号店を、地元企業とのフランチャイズ契約で開店。
2006年12月
本社及び富士小山工場で環境ISO14001認証取得。
2007年3月
登記上の商号もB-R サーティワン アイスクリーム株式会社に変更。
2010年4月
証券取引所の合併により、大証JASDAQに上場。
2010年7月
店舗数1000店を達成。
2012年4月
店舗数1100点を達成。

アイスクリームとは

色んなアイス

高級アイス

たべたいな!大好きアイス!