高級アイス

ハーゲンダッツ

ハーゲンダッツは、アメリカのアイスクリームのブランドです。全世界規模で営業展開されている高級アイスクリームブランドで、日本でも大変な人気を誇っています。私もハーゲンダッツのクッキークリームと抹茶味が大好きなのですが、中々いいお値段なのでたまにしか食べられません。現在アメリカ合衆国とカナダでは、ネスレ社グループのドライヤーズ社(本社は米国オークランド)が製造・販売しています。日本では、サントリーの関連会社(タカナシ乳業も一部出資)であるハーゲンダッツジャパン株式会社が販売しています。

歴史

1920年代にポーランドからのアシュケナジム・ユダヤ人移民ルーベン・マッタスとその妻ローズ・マッタスが、アメリカ合衆国のニューヨーク市ブロンクス区で、アイスクリームの行商を荷馬車で始めたのが起源です。1961年には、レシピに卵黄を加え、乳脂肪分を17%まで上げて社名を「ハーゲンダッツ」としました。1983年にピルズベリー社が買収し、経営権を取得しました。

ハーゲンダッツの語源

「ハーゲンダッツ(Haagen-Daz)」という言葉自体には深い意味はありません。創始者ルーベン・マッタスが、アイスクリームはデンマーク産というイメージがあるから(デンマークは酪農が盛んな国であり、デンマーク産の乳製品は欧米で広く知られているため)という理由でコペンハーゲンの「ハーゲン」と、その余韻がマッチする「ダッツ」を組み合わせて作りだした造語なのだそうです。結果、米国の消費者にヨーロッパ風だという先入観を持たせ、ヨーロッパの伝統と職人技を連想させる名前となりました。さらに印象を強くするために創始者のマッタスは、デンマークの国土の一部の形を会社のロゴに取り入れました。創業者のマッタス自身によると、デンマークは第二次世界大戦でユダヤ人を救済した唯一の国家であることから、デンマーク風の名前を付けることにしたとのことです。ちなみに米国では「ハーゲンダッツ」ではなく、「ハーゲンダース」又は「ハーグンダース」に近い発音、「ハーゲンダーズ」のような発音になります。

日本でのハーゲンダッツ

日本では1984年に日本法人が設立され、同年東京都港区青山に第1号店がオープンしました。日本第1号店が開店した際には、長い行列がてきたことが話題となりました。以降、大都市圏を中心に店舗が増加し、ピーク時の1994年には全国で95店舗を展開していました。しかし、1999年以降は減少傾向となり、2013年4月25日に千葉県浦安市の新浦安店(ショッパーズプラザ新浦安内)が閉店したことにより、全ての店舗の営業が終了しました。現在では、コンビニエンスストアやスーパーなどで販売するパッケージ商品が主力となっています。尚、ハーゲンダッツのアイスクリーム工場は2010年現在で世界に3箇所あり、そのうちの一つが日本の群馬県にあります。

高級感あるCM

当時日本では、アイスクリームは子供の食べ物という概念があり、ハーゲンダッツは大人の高級アイスクリームというイメージを打ち出すために高級感のあるテレビCMを作成しました。その戦略が成功し、大人の消費者の獲得に成功しました。また、先行していたレディーボーデンがパイントしかないなか、1食分をコーヒー1杯程度の価格で販売するミニカップを主力に据え、手軽に購入できるようにしたことも拡販に一役買いました。セクシーな外国人男女が絡み合い、最後に「Shall we Haagen-Dazs?」というセリフで締めるテレビCMは、当初は日本のみのオンエアだったのですが、日本での評判を受けて世界各国で同様のCMがオンエアされるようになりました。なお、近年はCMの方針を変え、真矢みきや柴咲コウが出演するCMが放送されています。2013年にはカップ商品の広告に柴咲が、クリスピーサンドとクレープグラッセのCMに水原希子が起用されました。

高価格の維持

高級アイスクリームとしてのブランド力を維持するために大幅な値引きなどを行わないのが特徴です。1997年には公正取引委員会より、正当な理由がないのにも関わらず取引先の小売業者に対して希望小売価格の維持を強要しさらに並行輸入品の取り扱いを妨害するなど独占禁止法第19条に違反しているとして勧告を受け、その後スーパーなどの小売店では時々1~3割程度の割引販売が行われるようになりました。

商品構成

ハーゲンダッツの店舗のみならず、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、専用自動販売機などにおいても、ハーゲンダッツブランドの商品を扱っています。

ミニカップ
フレーバーは15種類前後ですが、毎年の限定商品(数種類)とともに定番も売れ筋に応じて絶えず変化しています。ミニカップの容量は120mlです。ちなみにマルチパックのミニカップの容量は75mlです。2010年春には、新作として「ハニーミルク」、「クッキー&グリーンティ」、「クリームチーズラズベリー」が発売されました。また、コンビニエンスストア限定商品として「桃ミルク」、「苺ミルク」の2商品が販売されています。価格は通常のミニカップより安価で、サイズも一回り小さくなっています。
ドルチェ
2007年から発売を開始したミニカップの上級版です。発売時にはティラミスが大ヒットしました。
パイント
フレーバーは4種類です。容量は473mlで、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでも売られています。ハーゲンダッツショップでは店頭にある好きなフレーバーを詰めてもらえます。
クリスピーサンド
アイスクリームをキャラメル、練乳、黒蜜などでコーティングした後ウエハースでサンドしたものです。2001年に日本で開発され、世界に広まった逆輸出商品です。
クレープグラッセ
アイスクリームをクレープで包んだものです。2011年から日本で展開が始まりました。
バー
棒タイプのアイスクリームバーです。フレーバーは2種類~3種類。
パルフェ
アイスクリームとソースを層にしたカップ入りのデザートです。

アイスクリームとは

色んなアイス

高級アイス

たべたいな!大好きアイス!