ドンドゥルマ

ドンドゥルマとは

ドンドゥルマは、トルコのアイスクリームです。日本でも「トルコアイス」として一時期話題になったアイスクリームです。トルコ語でドンドゥルマは「凍らせたもの」という意味があり、トルコでは各種アイスクリーム・氷菓全般を指します。一般的なアイスクリームと似ていますが、強い粘りがあることが特徴です。

ドンドゥルマの特徴

トルコの伝統的なドンドゥルマは、砂糖、羊乳、サーレップという特徴的な原料から出来ています。サーレップは、トルコ山岳部に自生するラン科ハクサンチドリ属の植物、オルキス・マスクラなどの塊根を乾燥させ、粉砕して粉にしたものをお湯に溶かして成分を抽出した液で、砂糖などを加えて飲用にされます。このサーレップに乳と砂糖を加え、一旦沸騰させた後、弱火で1時間ほど絶えずかき混ぜながらヨーグルト状の固さまで煮詰め、冷やして固まった後に長時間練り上げ、繰り返し空気を含ませながら伸ばすことで餅のような粘りが生じます。気温の高い地方でドンドゥルマが溶けて垂れるのを防ぐために粘土を上げる必要があり、増粘剤としてサーレップが使われています。最も基本的な味は甘いミルク味若しくはバニラ味ですが、コーヒーやチョコレートで味付けしたものもあります。中でも特徴的なものとしては、ミルク味のものにトウガラシを加えて甘辛く味付けしたものがあります。また、味だけでなく店頭での受け渡しにも特色があります。店員が客にドンドゥルマを渡す際、わざとひっくり返したり、受け取らせなかったりなどといったフェイントをかけるパフォーマンスをすることが多いです。その様子は動画投稿サイトなどで見ることができます。ドンドゥルマは非常に強い粘り気があるため、食べるときにも注意が必要です。トルコ人の多くはドンドゥルマを食す際に必ず水も用意しておき、合間に飲むことで咽喉を詰まらせることを防ぎます。サーレップがもたらす粘土が強力であるため、このような習慣が長年にわたり身についており、国外在住トルコ人はサーレップ未添加の現地のアイスを食べるときでも水を用意しないと安心できない人も多くいるようです。

ドンドゥルマの素

トルコでは粉末のドンドゥルマの素が販売されています。牛乳を加えて、泡立て器かミキサーでよく泡立ててから凍らせて作ります。トルコでは、氷菓全体がドンドゥルマと呼ばれているため、必ずしも良く伸びるタイプのものとは限りませんが、伸ばすためには凍ってからよく練る必要があります。また、トルコでは飲用のサーレップの素も粉末で販売されています。これをドンドゥルマの素に代用することも可能です。

トルコ風アイス

トルコ風アイスは、日本で販売されている冷たい嗜好食品です。トルコのアイスクリーム・ドンドゥルマをモデルにしているため、この名前がついていますが、その多くは原料、製法ともドンドゥルマとは全く違う製品です。本来の特徴的な原材料である「サーレップ」は高価な原料なため使用しておらず、海藻などから抽出した増粘多糖類や、大和芋やサツマイモなど他の植物から採取されるでんぷんを用いて粘りが付けられていることが多いようです。。トルコ以外の日本、台湾などの飲食店や露店で販売されているのもにも、トルコの原料・製法と異なるものがあるようです。また、風味・味ともに日本風にアレンジしてあるため、本場のドンドゥルマとは似て非なるものと言えるでしょう。

日本での商品化の例

2002年1月
雪印乳業(現在のロッテアイス)からドンドゥルマをモデルにしたラクトアイス「雪印トルコ風アイス」が発売されました。このトルコ風アイスは、羊のミルクの代わりに牛乳を用いて作られています。なお同社からは「チョコ・マーブル味も販売されており、これは乳と大豆を材料にしています。なお雪印のアイスクリームとしては最後の新開発商品でした。
2006年2月11日
雪印のアイス事業を継承したロッテスノー(現在のロッテアイス)より「もっちりのびーるトルコ風アイスきなこ餅味」が販売されました。同商品はきなこ餅アイスをミルク餅味アイスで囲む形で作られており、これに至ってはトルコ風とは謳っていますが、ドンドゥルマとは全く違った食品となっています。
2006年5月16日
「雪印トルコ風アイス オレンジ~パッションフルーツ風味~」が発売されました。このほかバニラ味、ヨーグルト味、抹茶味など多様な製品が販売されています。

手作りトルコ風アイス

日本でのトルコ風アイスは上記のようにドンドゥルマとは似て非なるものなのですが、私は市販されていたトルコ風アイスが大好きでした。最近スーパーなどで探してみても中々見つけられず、ちょっと寂しく思っています。観光地などに行くと稀に屋台でトルコアイスを売っていることもありますが、そうしょっちゅう出会えるわけでもなく。そこで自分でドンドゥルマを作ることは出来ないものかとレシピを調べてみました。作り方は意外と簡単。材料を混ぜて凍らせて練るだけ。ですが、根本的な問題が一つあります。サーレップを手に入れることができないのです。普通のスーパーでは売っていることはないですし、輸入雑貨の店などでも見つけられませんでした。インターネットでの購入は可能ですが、結構お高いんですよね。たかがアイスの為だけにそんな値段は払えないというのが結論でした。そこで、ドンドゥルマは無理でも「トルコ風アイス」なら可能なのでは?と、またまたインターネットで調べたところ、超簡単な方法を見つけたのでご紹介します!

材料

  • 納豆2パック
  • バニラアイス100ml

作り方

  • 1、ボールを事前によく冷やしておく。
  • 2、冷やしたボールに納豆(たれやからしは入れないで!)を入れ、よくかき混ぜる。
  • 3、納豆を別の容器に取り出す。
  • 4、納豆のねばねばが付いたボールにバニラアイスを入れ、ねばねばとアイスをよく混ぜる。
  • 5、アイスに粘り気が出てきたら完成!
ポイント
ボールをしっかり冷やしておくことで、納豆臭さが無くなります。私も最初は恐る恐る試したのですが、意外にも納豆の臭みは全く感じませんでした。ねばねばとアイスをよく練ることで、市販されていた「トルコ風アイス」のようなびよんびよんのバニラアイスを楽しむことができます。バニラ味以外にも、チョコレートやコーヒー味でも試してみましたが、とっても美味しかったです。使った納豆は捨てずに朝ごはんなどに食べてくださいね!納豆を取り出さず、そのままアイスに混ぜ込むレシピもあるようですが、私はそこまで勇気が出ませんでした。ナッツ入りトルコ風アイスになると書かれていたので、納豆好きの方は試してみてください。

アイスクリームとは

色んなアイス

高級アイス

たべたいな!大好きアイス!

これから新生活を始めようと考えている方、まずは計画的な第一歩からスタートしていきませんか? 費用に不安があっても家具付きマンション賃貸 相場で見れば格安なのは間違いありません! お得な家具付きマンション賃貸情報、オールプラスがあなたの生活を応援します。